消費者金融を利用すると住宅ローン審査に通らない?

消費者金融から借り入れをすると、住宅ローンを組みたいと思った時に審査に通りにくくなってしまうのでは…と不安に思っている方もいるかもしれません。

ですが、消費者金融を利用したことがあるからといって必ずしも住宅ローンを組むことができないというわけではないので、安心して良いです。

実際に、消費者金融から借りたことがある方でも住宅ローンの審査に通っている方はたくさんいます。

ただ現在、まだ消費者金融から借り入れをしているという方の場合、それに加えて住宅ローンの審査に通るのはなかなか難しいと思っておいた方が良いでしょう。 というのも、消費者金融から借り入れを行っているということは、自分の給料のみではやりくりができなかったということでもありますよね。

経済的に不安定であるとも判断できるため、将来的に返済が滞ってしまう可能性が心配されます。そのため、審査に通るのは簡単な事ではありません。過去に借り入れをしていたものの、現在は完済済みであるという方もいるはずです。

そういった場合、完済から5年以上経っている場合には借り入れを行っていたという情報自体が信用情報機関から削除されるため、住宅ローンの審査をしている機関に消費者金融の利用履歴が知られることはありません。そのため、全く何の影響もないといえるでしょう。

消費者金融から借り入れをしていた情報というのは、完済をしたとしても5年ほど信用情報として残ります。ですので、過去5年以内に完済をしたという場合にはローンの審査会社にもその情報が知られる形になってしまいます。

しかし、完済をしたということは返済能力があったということの証明にもなるため、必ず悪い影響を与えるとは言えないのです。注意しなければならないこととして、完済をしたもののまだ消費者金融と契約を解除していないという方もいますよね。

これではいつでもお金を借りられる正体であると判断され、審査で悪影響をもたらしてしまう可能性もあるので、必ず解約しておきましょう。

このページの先頭へ