治験コーディネーターになるためには?

治験コーディネーターに資格は必要?

治験コーディネーターは現在特別な資格がなくても仕事ができる職種とされていますが、転職などで採用される人材の多くは資格を持っている方がほとんどとなっています。

治験の仕事は新薬開発のための臨床試験を行うため、医療的知識や医薬品に関する知識を高いレベルで持っている事が必要となります。こうしたものは一般的な仕事では中々身に付かず医療関連職種でないと身に付かないため、結果的にこうした資格を持っている方の転職が多くなります。

転職が多い方としては、薬剤師、看護師、保健師、臨床検査技師、などの資格を持っている方です。こうした資格を持っている方は、それぞれが専門性を高めて知識や経験を持っており、それを生かして治験コーディネーターの仕事をしていく事ができます。

治験コーディネーターに必要な知識をすべて持っているわけではありませんが、比較的多くをカバーできるため、転職後にスムーズに仕事に入っていく事ができる方は多いです。

治験コーディネーターは現在は資格がありませんが、その必要性が近年は話題として上がるようになっています。やはり専門性が高いため、資格なしで従事するには敷居が高いという議論もあり、今後は医療の高度化などに合わせて、治験コーディネーターも資格を取得する必要が出てくるかもしれません。

また、必須ではないですが、認定資格というものはあり、CRC認定資格と呼ばれるものがそれに当たります。CRC認定資格は、業界から認定された治験コーディネーターであるという証明になるものです。治験コーディネーターとして一通りの必要な知識や経験を有している方に認められる資格です。

年1回実施され、取得しておく事で治験コーディネーターとしてのスキルの証明になるものなので、次に転職する際に有利になる事があります。ですが、一番の基本となるのはやはり実務経験などの、実際の仕事を通してのスキルや経験です。仕事をする中で磨いていきましょう。

↑ PAGE TOP