薬剤師の資格が活かせる治験コーディネーター

薬剤師からから治験コーディネーターになる

治験コーディネータに転職を検討する方の中には、薬剤師からの転職を検討する方も多くいます。治験の仕事は新薬の開発のための臨床試験を行うというものなので、新薬開発の一端を担える治験コーディネーターの仕事は、製薬企業と並び、薬剤師の方に人気のある仕事です。

仕事で必要になる知識も、医療と医薬品に関する深い知識のため、まさに薬剤師の方が今持っている知識をそのまま生かして仕事をしていきやすい仕事です。

治験コーディネーターに必要な医療関連知識も非常に高いレベルが要求されるため、薬剤師のように知識を既に十分持っているというのはとても大きなメリットです。

すぐに仕事に生かしていく事ができ、用語などもスムーズに理解していく事ができるため、即戦力として認められて仕事をしていける事もあります。また、他のスタッフが分からない知識などを補足する事もでき、頼りになる存在として認められる事もあります。

ですが、薬剤師の方にもデメリットが存在します。それはコミュニケーション力です。治験コーディネーターの仕事は自分だけの仕事ではなく、研究者や医師、治験行ってくれるボランティアの方などと調整を図り、仕事を進めていく事になります。

そのため、そうした方とのコミュニケーション力や調整力というものが必要になってきます。仕事をスムーズに進められるかどうか左右する部分であり、とても大切な部分ですが、薬剤師の方には不足しやすい部分でもあります。

そのため、仕事をしていく中での様々な意思疎通を図る機会は、自分を高める大切な機会として捉えると良いでしょう。毎回のコミュニケーションの中で意識していけばその力も磨かれていき、バランスのとれたスキルを身に付ける事ができます。

専門的知識もそうしたコミュニケーションの中で、より良く生かしていく事もできるようになります。少し時間はかかる事もありますが、じっくりと仕事を通して、自分の成長のためにも意識していきましょう。

↑ PAGE TOP