看護師として働いて良かったと思える事とは?

看護師の転職理由で多いものは?

看護師の業界は転職を考える方も多いですが、その理由は人によって様々なものがあります。その中でも多い理由として挙げられるものに、まずは妊娠や出産、結婚などの家庭の事情があります。

看護師業界は女性が多く活躍しているため、こうした家庭の事情で退職や転職をする方はどうしても多くなるのです。そしてこれが、看護業界の慢性的な人手不足を生んでいる理由にもなっています。最近は職場環境を整える所も増えています。

次に転職理由として多いのが残業が多かったり、休暇が取れないという理由です。看護師の職場は様々な種類がありますが、特にこうした理由での転職が多いのは病院です。

大規模な総合病院で働く看護師の方は多いですが、患者さんの数が多く、緊急で対応しなければいけない事も多くあり、どうしても看護師の方に負担がかかりやすくなるのです。残業も多くなってしまいますし、休みも少なくなり、転職を検討する方は多くの職場で出ています。

次に挙げられる理由としては夜勤です。看護師の仕事につきものの夜勤はやはり体への負担もかかりやすく、女性の体力ではきつい仕事と感じる方も多いです。

月にこなさないといけない夜勤の回数が決まっている所がほとんどなので、少なくしてもらう事もできず、それなら職場を変えるしかないと考えて、転職をする方が多くなっています。ですが、相談によっては外来で夜勤のない勤務に変更が利く職場もあるため、相談してみると良いでしょう。

次に人間関係です。人間関係はどの業界でも転職理由の上位に上がる事が多い理由です。看護師の業界は特に、女性が多く働いている職場のため、女性特有の人間関係に疲れてしまうという方も多くなっています。

自分を振り返って、改善できる所はもちろんしていくべきですが、どうしてもストレスになる場合は仕方がない場合もあります。男性看護師がいると、雰囲気も変わるため、男性看護師がある程度いる職場のほうが良いという方もいます。

↑ PAGE TOP