クレジットとローン、キャッシングの違い

銀行や信用金庫、ノンバンクなど、お金を貸すサービスを行っている会社が沢山ありますが、銀行や信用金庫のようにお金を貸す以外のサービスも取り扱っている会社もあれば、消費者金融やクレジット会社のようにお金を貸すだけの会社もあります。

一般の個人を対象にしたローンやクレジットは消費者信用産業と呼ばれています。

買い物などで活躍するクレジットカードはクレジット会社、現金を貸し出している消費者ローンは消費者金融がそれぞれ取り扱っており、無担保かつ無保証で貸出を行っている消費者ローン事業は消費者金融だけでなく銀行やクレジット会社などでも積極的に実施されています。

ローンやクレジット、キャッシングという言葉が使われていますが、それぞれに意味があるので紹介したいと思います。

■クレジット
住宅ローンなどは土地や有価証券などの担保が必要になりますが、クレジットは個人の信用が担保になります。個人の信用は土地や有価証券とは違い「無形の担保」です。

クレジットを利用すると、その場で代金を支払う必要がありません。商品を購入したり、様々なサービスで発生した代金は後払いになります。つまり、後できちんと代金を支払えると信用されなければ利用できません。

■ローン
お金の貸付という意味で使われている言葉です。住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなど目的が明確であり、なおかつ大口の融資を受ける時に使われることが多いです。

高額なお金を借り、長い時間をかけて少しずつ返済していくスタイルなので、小口のキャッシングなどよりも利息が低く設定されています。担保や保証人が必要なのも、ローンの特徴です。

■キャッシング
キャッシングとは個人向けの小口の融資のことです。カードを使用してATMなどから現金を受け取ることができ、担保や保証人がなくても利用できます。気軽に利用できる反面、目的が明確なローンよりも利息が高めです。

大手の消費者金融の場合は『アコムのキャッシング』というように会社名+キャッシングで呼ばれ、信託会社の場合は会社名+カードローンや、会社名+ローンカードと呼ばれています。

このページの先頭へ